どういった会社が新卒者の採用に向いているか紹介します

新卒採用を中心にしている企業というのは、大きい企業の方が多いでしょう。中小企業の場合は、即戦力重視で新卒募集は行わないという企業も多いです。その理由としては、人数が少ない中でぎりぎりの状態でやっている場合が多いので、当然教育する人もいませんし、新卒の人を採用して回していくのが難しいということです。はっきり言って、仕事の能力が明確に面接だけでわかるということはあまりないでしょう。その場ではうまく話す場合が多いので、案外コミュニケーション能力というのは図れません。何度も面接を受けていればそれなりに慣れるからです。また学歴も特にあてにならないというのが最近の傾向なので、いろいろな基準で審査している企業が増えています。これは良い傾向と言えるでしょう。

審査の基準が多様化している現代

昔は大学を卒業した若い人を一気に採っていくというのが一般的だったのですが、今は自由化しています。大学卒業したての若い人を採用しても良いですし、既卒の人を採ってもどっちにしても自由ですし、同じ企業でも状況によって使い分けると良いでしょう。現状の内部の人の状況なども影響しますし、余裕があれば若い人も採るというくらいのスタンスで問題ないでしょう。逆に余裕がないのであれば中途の方が良いです。即戦力とはいっても、大学卒の人を育てれば同じなのですが、その余裕がないという話です。今は事業自体も多様化していますし、仮に中途で採ってもしばらくすればそこのポストが不要になるような場合も多いでしょう。結局のところ臨機応変に動かなければならないので、正社員で採らない方が良い場合もあります。

大手企業の今後は厳しくなっている

企業にもよりますが、一斉に人を採ってそのまま競争させるというスタイルがあまり有効でなくなっています。一人一人の分業体制が進んでいますし、価値観がかなり多様化しているので難しいでしょう。もちろんたとえば、大学卒業したての人を一斉に採って、チームにして仲良くなれる環境を作るというのはもちろん良い取り組みになります。実際競争するかは微妙ですが、同年代の人たちを仲良くしておけば、辞められないというメリットがあります。若い人は上の人に対して不満などを言いづらいでしょうし、また同期との関係が良いと会社の居心地が良いと感じるので、経営者としても非常に大きなメリットになります。仕事を楽しいと感じて、意欲的に取り組んでくれれば収益になるので、当然経営者は儲かります。