新卒者採用のメリットデメリットを説明します

新卒採用はメリットがありますが、もちろん同時にデメリットもあります。まずメリットとしては若いということです。若い方が給料も安くて済む場合が多いですし、会社の色に染めやすいということがあります。染めやすいというと聞こえが悪いかもしれませんが、妙に他の会社と比較するということがありません。他の会社と比較して考えるというのは良い面もあるのですが、そっちのやり方を導入され過ぎると面倒という場合もあるでしょう。業務がある程度被っていても、まったく同じなわけではありません。なので、そのままやっても困るということになります。新卒で採用された人の方が一から学ぶことになるので、白紙に書く方がやりやすいというメリットはあるでしょう。採用担当も楽ということです。

新人募集のデメリットは社会人経験がない

一応日本の会社にもルールはありますし、世界的に見ても厳しい方でしょう。どの会社にも共通して、仕事を進める上のルールや、会社内でのルールのようなものが存在し、社会人経験があればある程度その辺を把握していることになります。特に営業職の場合は人とのやり取りがほぼすべてのような部分がありますが、その際の対人関係のルールのようなものがあるのです。礼儀や作法といったものでしょう。最近は昔に比べれば緩くはなっているのですが、今でももちろん存在する部分があります。なので、そういったルール的なことを学んだ方が良いでしょう。これもはっきり言って受け取る人によってどのようなタイプが受けるのかが変わるので一概には言えないのですが、コミュニケーション能力も年齢が高い方が持っている場合が多いです。

結局新卒と既卒どっちがいいのか

結局のところは、年齢にしても経験にしても一概には言えないでしょう。というよりは、重要なのはそこではありません。人間性で人を選ぶのか、それともスキルなどで選ぶのか、両方を評価して選ぶのかというような基準によって変わります。また、その会社がどのポジションのどういう人を求めているのかにもよるでしょう。ただ最近はわりと年功序列や終身雇用がなくなってきています。必要なタイミングで必要な人が欲しいという感じにはなってきているので、そのような基準で選択することになります。また会社員側もそういう感じで動いている場合が多いので、長く働いてくれるとは限りません。なので、基本的には即戦力で人材を採った方がメリットはあるでしょう。社会人経験がない場合は多少時間が掛かります。